So-net無料ブログ作成

鋼鉄番長 [舞台]

数年に1回行われる、劇団☆新感線のチャンピオン祭り。
劇団☆新感線の作品は、笑いも入りつつ、シリアスな内容のものや、エンターテイメントを追求した大作が多いけど、この祭りだけは、ネタものとして、ひたすらばかばかしい笑いを追求した作品が公演される。

今回の舞台も、見事なまでにバカバカしさに徹していて、それはそれですごい。

初日から、客演の池田成志さんの怪我による降板、主役の橋本じゅんさんの体調不良による主役の交代などなどあり、いくつかの公演が中止になっていた。
たまたま東京公演の前楽のチケットをとっていたので、中止になることはなかったが、正直、どんな舞台になっているのか、ちょっとドキドキだった。
普通の公演であっても、新感線の舞台は、初日直後と千秋楽近くの舞台とでは、かなり違ってくる。
初日直後の舞台が不完全とは言わないが、日々進化するのが新感線の舞台だと思う。
なので、1回しか行けない時には、なるべく楽日近くの公演をとるようにしていたのだが……

実際、舞台はとても面白かった。
バカバカしいことを、あそこまで真剣にやれば、立派の一言。
演技だけでなく、ダンスも歌も超真剣。
客演の方々も、突き抜けてる感じがたまらない。
毎回これだと、ちょっと……と思わないでもないが、数年に1回のお遊びと思えば、これはこれでありだと思う。

でも、贅沢を承知で言ってしまえば、やっぱりオリジナルのキャストで観たかったなぁ。
もちろん代役で舞台に立った方々は、あり得ない短期間での準備で、よくあそこまでやり通したとは思うけど。

あと余談だが、古田新太さんがとてもすっきりされていてびっくり。
役作りのためのダイエットでもされたのかしら?
着物を着る時などは、ある程度恰幅がいい方が様になることも多いけど、やっぱり殺陣はあのくらいの方が、キレがある感じがしていいかも。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 3

rezare

友人に誘われて、というかなり受身な理由ながら、
オリジナルキャストでの公演を観ました!
怪我や体調不良で交代を余儀なくされたのは収録前だったそうで、
オリジナルキャストの公演は幻の公演と言われているとか・・・
本当にラッキーでした。
それにしても、役者さんって本当に体力が必要な仕事なんですね。。。
by rezare (2010-11-08 00:07) 

せん

rezareさん、コメント& nice! ありがとうございます。
オリジナルキャストで観られたんですね。
うらやましいです。
いや、三宅ver.の鋼鉄番長もそれはそれで楽しかったんですけど。
新感線の舞台は、ハードな殺陣もあるし、今回は特にじゅんさんが主役ということで、かなり殺陣に力をいれていたと思うので、本当に大変だったんでしょうね。
大阪、福岡公演も現ver.での公演が決まったそうです。
個人的な希望としては、再演やってほしいです。
by せん (2010-11-09 21:59) 

せん

ぺん獣さん、nice! ありがとうございます。
by せん (2010-12-03 20:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る